太陽系時空間地図 地球暦 2019

HELIOSTERA


*惑星ピンはセット内容に含まれません。

セット内容

・太陽系時空間地図地球暦 マップ 

太陽系を1兆分の1(10の12乗)に縮図化した時空間の地図 A1サイズのポスターです。2019年3月21日 春分からはじまる1太陽年(365日)の地球の動きを、はっきり位置として捉えることができます。日々刻々と動いていく自分と宇宙との関係を俯瞰して、時空の旅を感じてみてください。

 

・二十四節気および雑節

古くから季節を知るための重要な要素である二十四節気

 

・朔弦望

1年間の新月・上弦・満月・下弦の月の月相と旧暦

 

・暦譜

地球暦の1年の天文現象を記した持ち運びできる折暦。

 

・惑星会合表

1年の太陽系の惑星たちの配置図。

 

・説明書

 

地球暦の世界観や見方などが分かるブックレット 

¥3,000

  • 在庫切れ

地球暦 惑星ピン

 

水星から冥王星までの9つの惑星の位置を示すためのマップピンです。

毎日動くのは、水星〜火星までの4つ。木星〜冥王星は月ごとの動きになります。

ピンを打つことで、当日の太陽系の地図を作ることができます。

¥500

  • 在庫あり
  • お届け日数:3〜4日1

タネと内臓

吉田太郎著 築地書館 

 

 タネの問題は大きい。遺伝子組み換えのタネの野菜を食べ続けると腸に穴があき、そこから様々な病気になっていく。少し高くても有機野菜を買って医療費を抑える方が結局は人類の幸福につながるのだけど、多国籍企業モンサントは、ヨーロッパやロシアで拒否されたため、今や日本がターゲットなのだ。そんな世界の実情を知り、どうやって日本を守っていくか。自分も大病を食生活で克服した著者のアドバイス、みんな耳を傾けてください。

 

¥1,600

  • 在庫あり
  • お届け日数:3〜4日1

RAGA&BLUES

Carlos Guerra (bansuri), Jorge Flaco Barral (guitar), Navaraj Gurung (tabla) 

 

 インド古典音楽(笛とタブラ)とブルースギターの共演です。2015年マドリードのライブ盤。穏やかな柔らかな哀しいような、でもリズミックな永遠に続きそうな美しい音楽です。音楽の可能性ってすごいですね、これに合わせて歌えたらいいなぁと思いました。

¥1,852

  • 在庫あり
  • お届け日数:3〜4日1

南インドキッチンの旅

齋藤名穂著 

 建築家、デザイナーの齋藤名穂さんが南インドにあるターラーブックスに滞在した3ヶ月の間に、21のキッチンを訪れた記録をまとめた本です。ターラブックスの方達と作り上げたこの一冊は、南インドに暮らす人々をキッチンから見つめます。素敵な本です。

¥2,500

  • 在庫あり
  • お届け日数:3〜4日1

どもる体

伊藤亜紗著 医学書院 

 

 治る・治らないではない、身体論的吃音論。身体の機能というのは、通常はほぼ自覚なしにどんどこ行われるのだが、どもりの人は発語のとき、連発・難発・言い換えが起こり、リズムに乗れば今度は乗っ取られる。著者は吃音者にインタビューを重ねながら、そのずれに迫ります。こんな本、初めて読みました。

 

¥2,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:3〜4日1

ミツバチの教科書

フォーガス・チャドウィック他 伊藤伸子訳 X-Knowledge 

 

 こちらは実用書。ハチに優しい園芸家の花つくり、一歩進んで養蜂へ巣箱作り、蜂蜜やミツロウの収穫、それらを使った健康レシピなどが満載の楽しい本です。大きなシステムじゃない、小さな一歩へ。

¥2,800

  • 在庫あり
  • お届け日数:3〜4日1

蜜蜂

マヤ・ルンデ著 池田真紀子訳 NHK出版 

 

 ミツバチに関する、3つの時代と3つの家族の小説。1852年のイギリス養蜂家、2007年アメリカの移動養蜂家、そして2098年中国の人工授粉の果樹園。農薬によるミツバチの大量死が伝えられる21世紀初頭の今、ノルウェーの女性が書いた物語で、小さな蜂の大きな役目とその死と希望が、さまざまな家族の愛と葛藤を通して伝わってきました。

 

¥2,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:3〜4日1

狭い道〔新版〕

家族と仕事と愛すること

 

山尾 三省著  早川ユミ解説

 

紹介文

彼が家族との生活をとおして、伝えてくれたことは、家族とまいにちくらすことが、社会を変えるということだ。土を耕し、いちにち、いちにちをおくるくらしが、いま、まっとうで、あたらしい。解説・早川ユミ「あたらしい家族論」より

 

僕が、住む場所として島を選んだのは、僕自身のためではあるが、同じ程に子供達のためであり、順子のためでもあった。海は必ず、深く善いものを、大人にも子供にも与えてくれる。 本書より

 

詩人・山尾三省は1977年、家族とともに屋久島に移住した。本書は、経済的な勝ち負けや物質的な豊かさに背を向けた暮らしのなかで、日々の思いをつづったエッセイ集である。

 

妻や子供のこと、野山で働くこと、お金のこと、ローカルな社会のこと、自然の恵みを味わうこと、海や友だちを心の底から愛すること。

「嘘のない人間の生活」を求めた詩人のことばは、本当に大切なものは何かと、いまを生きる私たちにやさしく問いかける。

¥2,200

  • 在庫あり
  • お届け日数:3〜4日1

野の道〔新版〕

宮沢賢治という夢を歩く

 

山尾 三省著  今福 龍太解説

 

 

紹介文

宮沢賢治とは、人間としての限界を背負いつつ人の幸福をめぐる究極のヴィジョンに寄り添おうとする、永遠の「夢」のことでもあるのです。三省はこの夢を信じていました。解説・今福龍太「土遊び、風遊び、星遊び」より

 

太陽があり土がある。水があり森がある。風が流れている。大きそうな幸福と小さそうな幸福とを比較して、それが同じ幸福であるからには小さな幸福を肯しとする、慎ましい意識がここにはある。

 

本書より

詩人・山尾三省は、愛する宮沢賢治の著作を読み続けた。そして賢治が歩いた夢の道を、自らが歩む夢の道に重ねながら思索し、エッセイを書きはじめる。

 

キンポウゲの花、乳山羊、夏の雨、梅の実や野菜、青春時代の思い出、畑で出会う百姓や鳥や虫たち。何気ない日常の景色を入り口にして、宮沢賢治の作品と人生をひとり旅する。

 

「読めば深く深く楽しい」。世界との一体感を尋ねて野の道を歩き、文学を読む幸福が、詩人から私たちへと贈られる。

 

¥2,000

  • 在庫あり
  • お届け日数:3〜4日1

ダライ・ラマの猫

デビット・ミチー著 梅野泉・訳 二見書房

 

 本当にダライ・ラマ法王が猫を飼っているかどうかはわからないけれど、拾われたチビ猫が、みんなに親切にされて「ダライ・ラマの猫」としてのプライドを持ったり、それがある日犬が来てペシャンコな気分になったり、他者を学ぶというか少しずつ仏教の真髄に触れていく様子が、とっても上手に描かれていて、楽しい本になっています。慈愛について学んでいくというのかな。訳も生き生きとして、うまい。私は母にプレゼントしました。

 

¥1,600

  • 在庫あり
  • お届け日数:3〜4日1

商品は店舗でも販売しております。時間差で売れてしまう場合がありますので、ご了承ください。

お電話でもご注文をいただけます。お気軽にお問い合わせください。
03-3332-1187 open (12:00-20:30)


ナワ・プラサード

〒167-0053 東京都杉並区西荻南3-15-3 3F

Tel : (03) 3332-1187   FAX : (03) 3331-3067
JR中央線西荻窪駅南口下車徒歩3分
12:00 - 20:30 OPEN